大滝

 大滝は、国道29号から「八東ふる里の森」へ向かう途中にある八頭町を代表する滝の1つです。

 落差は約15mで、大きな特徴は広大な滝壺を有することです。

 大滝には「大蛇が棲んでいた」などの伝説もあり、古くから地元の方に親しまれている滝です。

住所
八頭町妻鹿野
施設
国道29号を八東ふる里の森方面へ約7km(看板が目印)
備考

・道路脇の駐車場近くの階段を下り、徒歩で約5分。