清徳寺の巨樹名木群

清徳寺は和同2年(709年)に行基が開いたといわれ、婆ケ城主の小松氏の祈願所でした。境内にはボダイジュやカゴノキ、後醍醐天皇のお手植えと伝えられるイチョウなど、巨木が多く存在し、四季折々に美しい景観を見せています。県指定天然記念物。

住所
八頭町清徳79
お問い合わせ
八頭町観光協会
0858‐72‐6007