八頭町は、ライダーとバイクに関わる旅行者の皆様をお待ちしています。

 

ライダーの宿

ライダー必見絶景スポット

ライダーのためのイベント

ライダーおもてなしコラム

「隼駅」

八頭町を走る若桜鉄道の停車駅「隼駅」。隼駅は、昭和3年以降、昭和5年に若桜駅までの全線が開通するまでの間、終着駅でした。そのため、本屋の他にも乗務員休憩所など、他の駅では見られない建物が設けられました。
現在でも待合室内部だけでなく、外観ともに当時の姿をよく残し2008年(H20年)には国の登録有形文化財に登録されました。

八頭町とバイク

毎年8月、若桜鉄道「隼駅を守る会」の主催で八頭町の船岡竹林公園を会場に「隼駅まつり」が開催されています。全国から「隼」駅と同じであるスズキの大型バイク「ハヤブサ」ライダーが駆けつけるイベントです。

はじまりは、二輪専門誌で「隼オーナーは隼駅に集合!」と呼びかけたところ、県外から7台の「隼」が集結したのがきっかけです。翌年からは、「隼駅を守る会」が主催となり、地域の活性化を図ろうと「隼駅まつり」として開催されています。その後も二輪専門誌やSNS等で広がりをみせ、今では多くのライダーが集まる年に一度の大イベントとなっています。2019年の第11回隼駅まつりは2,300台のバイクが集まり、来場者数は2,700人を記録しました。

隼駅まつり空撮

第11回 隼駅まつりポスター

 

若桜鉄道ラッピング列車

こちらもチェック!隼ライダー聖地!「隼駅特集」

八頭町を訪れるライダーの熱い想いに答えようと若桜鉄道「隼ラッピング列車」が登場しました。運転開始は2016(平成28)年3月20日(日・祝)からで、使用車両は全4両ある内の唯一ステンレス車体のWA3301です。ラッピング列車は、令和元年に生まれ変わり、片面はブラウンカラーの初代隼(1999年)をモチーフとし、反対側は2008年に生まれ変わった二代目モデルのラッピングが施されています。鉄道車両に大形バイクを装飾するのは日本では初めてで、鳥取駅にも乗入れています。

令和元年3月16日には隼駅で出発式が行なわれ、スズキ株式会社の鈴木俊宏社長らがテープカットで運行開始を祝いました。